日々感じたことや考えたことを公開していきますが基本的には覚書。
Profile
image
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.16 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
詭弁
誤った論理を、主に説得等の目的で意図的に使うこと。
以下のその誤りの例を挙げる。Wikipediaより。ざっくりと把握するためのメモ。

前件否定: 前述
後件肯定: 前述
媒概念不周延: 前述
誤ったジレンマ: 前述
自然主義の誤謬: 事実の記述から規範を結論付ける誤り。「今後もそうであるべき」根拠がない。
権威論証: 権威のある人物を挙げて説得する方法。
多数論証: 多数派が正しいのだとする誤り。
脅迫論証: 脅迫や威嚇の論調で述べること。
未知論証: 真とする証拠がないのを理由に偽とすること。または逆。
同情論証: かわいそう等の感傷に訴える方法。
状況対人論証: 身を置いた状況がその人物に必ず影響しているとする誤り。
連座の誤謬: 支持団体の性質を支持される側へ持ち込む誤り。
早まった一般化: 前述
合成の誤謬: 部分から、それらを合成した全体もそうであると推測する誤り。
分割の誤謬: 全体から、それらを分割した部分もそうであると推測する誤り。
多重尋問: 肯定しても否定しても不利になる質問の仕方。
論点のすり替え: 字の如く。
論点回避: 前提の真偽を問わず結論を真とすること。
 論点先取: 前提の中に結論を導く語を入れた、同義反復の推論。
  循環論証: 前提が結論の根拠で、結論が前提の根拠になる推論。
  充填された語: 意図・感情の込められた語。
連続性の虚偽: 前述
【2008.02.01 Friday 23:28】 author : サンスベリア
| 覚書・論理学 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
誤謬
ごびゅう。
耳馴染みのない言葉だが、妥当性を欠いた論証のこと。
(論証とは「○が◎ならば(前提)、△は▲である(結論)」のような文章のこと。)
とりあえずは、論理的に誤っているパターンとでも思ってもらえればOK。
何も論理学そのものを学ぼうというわけではない、メモなので。
以下にその例を挙げる。Wikipediaから。正確さより漠然とした把握。

形式的誤謬の例
・「PならばQである」に対して
 ・後件肯定: 「Qである。ゆえにPである」
  「逆もまた真」と考える誤り。逆は真とは限らない。
 ・前件否定: 「Pでない。ゆえにQでない」
  前提と結論を否定したものを裏と言うが、裏が真とは限らない。
 →集合Pが集合Qに含まれるベン図を描けばわかりやすい。
・選言肯定: 「AまたはBである。Aである。ゆえにBではない」
 AかつBの可能性がある。
・間違ったジレンマ
 提示した選択肢しか存在しないことを前提にすること。
・4個概念の誤謬
 「AはBであり、BはCである。ゆえにAはCである。」は三段論法で正しい。
 「AはB、CはDである。AはDである。ゆえにCはBである。」は誤り。
・媒概念不周延の誤謬: 「すべてのAはBである。CはBである。ゆえにCはAである。」
 媒概念Bが周延的ではないため妥当ではない。

非形式的誤謬
・例外の撲滅|・早まった一般化
 字の如く。短慮・早計な展開。
・偏りのある標本
 字の如く。恣意的な展開。
・間違った類推
 比喩を使った三段論法などで、類推の粋を超えるもの。
・連言錯誤
 推論AとAかつBでは、後者の方がもっともらしいと感じる錯誤。
・滑り坂論法
 可能性の低い因果関係を主張し危険性を説く。
・曖昧語法
 曖昧な語・文章で主張すること。
・二枚舌
 同音異義語等を使った言い回し。
・相関関係と因果関係の混同: 字の如く。
・先後関係と因果関係の混同: 字の如く。
・クラスター錯覚: 本来関係ないものを因果関係があるように捉えること。
・連続性の虚偽
 曖昧な述語で連続した状態を表す際、境目が不明なために常識的な認識とずれを感じること。
【2008.02.01 Friday 22:58】 author : サンスベリア
| 覚書・論理学 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
詭弁の特徴のガイドライン
2ちゃんねるの同名スレッドにおいて書かれた詭弁の特徴。
よくできていると思い、便利なので掲載。後に再分類予定。
なお、名無しでなく固定ハンドルでの投稿なので、
2ちゃんねるで生まれ・まとめられたものというより、1人の功績に近い。
また項目がいくつか追加されたパターンもあるらしいが割愛。



例:「犬ははたして哺乳類か」という議論をしている場合、あなたが
「犬は哺乳類としての条件を満たしている」と言ったのに対して否定論者が…

1:事実に対して仮定を持ち出す
    「犬は子供を産むが、もし卵を生む犬がいたらどうだろうか?」
2:ごくまれな反例をとりあげる
    「だが、時として尻尾が2本ある犬が生まれることもある」
3:自分に有利な将来像を予想する
    「何年か後、犬に羽が生えないという保証は誰にもできない」
4:主観で決め付ける
    「犬自身が哺乳類であることを望むわけがない」
5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
    「世界では、犬は哺乳類ではないという見方が一般的だ」
6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
    「ところで、カモノハシが卵を産むのは知っているか?」
7:陰謀であると力説する
    「それは、犬を哺乳類と認めると都合の良いアメリカが画策した陰謀だ」
8:知能障害を起こす
    「何、犬ごときにマジになってやんの、バーカバーカ」
9:自分の見解を述べずに人格批判をする
    「犬が哺乳類なんて言う奴は、社会に出てない証拠。現実をみてみろよ」
10:ありえない解決策を図る
    「結局、犬が卵を産めるようになれば良いって事だよね」
11:レッテル貼りをする
    「犬が哺乳類だなんて過去の概念にしがみつく右翼はイタイね」   
12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
    「ところで、犬がどうやったら哺乳類の条件をみたすんだ?」
13:勝利宣言をする
    「犬が哺乳類だという論はすでに何年も前に論破されてる事なのだが」
14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
    「犬って言っても大型犬から小型犬までいる。もっと勉強しろよ」
15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
    「犬が哺乳類ではないと認めない限り生物学に進歩はない」
【2008.01.29 Tuesday 20:38】 author : サンスベリア
| 覚書・論理学 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Page Top ▲