日々感じたことや考えたことを公開していきますが基本的には覚書。
Profile
image
<< 発言と退出 "Voice/Exit" | main | 韓流に金を費やす妻は夫の収入を望むな "Waste" >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.16 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
適用01@小泉・古舘
分類した誤りの典型を、実際の発言に適用してみようというカテゴリ。

多少古い話題だが思い出したので2つばかり。


・小泉元首相がテレビ番組で発言の訂正を求められた時のこと。
「男はやるときはやる。」について、「女はやらないということか。」と問われ、
「男は英語でMANだが、MANには『男性』という意味と『人間』という意味がある。私は人間という意味で『男は…』と言ったのだから誤解しないで欲しい。」と答えた。

分かりやすい「二枚舌」の例。(恣意的な言語材料)
それ以前に、無茶で馬鹿な質問が「前件否定」だが。(包含関係に関する誤謬)


・古舘伊知郎の「数の問題なんですかねぇ」
集団自決命令があった箇所を削除されたことに対する抗議の集会参加者を水増ししていたことへの反論に対し、数が問題なのではない、と言った。

数で訴えていたのは反論側ではなく抗議側。「論点のすり替え」。(論点のすり替え)
そもそもが「多数論証」と「同情論証」。(「こんなに多くの人が悲しんでいるのだから…」)(誤った根拠、論点のすり替え)
つまり「居直り」。(不適格な話者)
ひいては「そんな冷血なことを言うお前は人間ではない」という「脅迫論証」に繋がる。(恣意的な言語材料)
【2008.03.04 Tuesday 22:24】 author : サンスベリア
| 論理学・適用 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2012.12.16 Sunday 22:24】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関 するコメント
コメントする









この記事のト ラックバックURL
http://tiger-tailed.jugem.jp/trackback/95
トラックバッ ク
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Page Top ▲