日々感じたことや考えたことを公開していきますが基本的には覚書。
Profile
image
<< 愛 " " | main | 愛・続き "From His Excellency" >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.16 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
詭弁の特徴3
他所に書かれていたり、自分で実感した特徴を挙げる。造語あり。


・相殺法(そうさいほう。さっぽうと読みたくなるのは我慢。)
 主張に対し別のポイントを挙げて相殺しようとする。主に対人論証。論点のすり替え。
・自分語法
 随所で言葉を、定義ではなく恣意的な意味を元に使用する。ごく薄いレベルの、充填された語。
・無知・無力主義
 どちらとも言えないと結論付け、うやむやにする。未知論証と近い。
・包含関係に関する誤謬
 ベン図が頭に描ければ判断可能。(後件肯定、前件否定もこれに含む。)
 ・母・標の入れ替え
  母集合の割合が特徴的な標本である場合に、標本集合と母集合を入れ替える誤謬。
  「喫煙者の大半がガンを発病している」を「ガン患者の大半は喫煙者である」とする誤り。
  母集合と標本集合があり、その一部が共通であるとき(完全な包含関係では無い場合)、
  両集合の大きさが近いほど誤差は少ないが、片方が大きい場合に因果関係が捏造される。
【2008.02.18 Monday 23:29】 author : サンスベリア
| 覚書・論理学 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2012.12.16 Sunday 23:29】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関 するコメント
コメントする









この記事のト ラックバックURL
http://tiger-tailed.jugem.jp/trackback/80
トラックバッ ク
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Page Top ▲