日々感じたことや考えたことを公開していきますが基本的には覚書。
Profile
image
<< 誤謬 | main | ゴー☆ジャス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.16 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
詭弁
誤った論理を、主に説得等の目的で意図的に使うこと。
以下のその誤りの例を挙げる。Wikipediaより。ざっくりと把握するためのメモ。

前件否定: 前述
後件肯定: 前述
媒概念不周延: 前述
誤ったジレンマ: 前述
自然主義の誤謬: 事実の記述から規範を結論付ける誤り。「今後もそうであるべき」根拠がない。
権威論証: 権威のある人物を挙げて説得する方法。
多数論証: 多数派が正しいのだとする誤り。
脅迫論証: 脅迫や威嚇の論調で述べること。
未知論証: 真とする証拠がないのを理由に偽とすること。または逆。
同情論証: かわいそう等の感傷に訴える方法。
状況対人論証: 身を置いた状況がその人物に必ず影響しているとする誤り。
連座の誤謬: 支持団体の性質を支持される側へ持ち込む誤り。
早まった一般化: 前述
合成の誤謬: 部分から、それらを合成した全体もそうであると推測する誤り。
分割の誤謬: 全体から、それらを分割した部分もそうであると推測する誤り。
多重尋問: 肯定しても否定しても不利になる質問の仕方。
論点のすり替え: 字の如く。
論点回避: 前提の真偽を問わず結論を真とすること。
 論点先取: 前提の中に結論を導く語を入れた、同義反復の推論。
  循環論証: 前提が結論の根拠で、結論が前提の根拠になる推論。
  充填された語: 意図・感情の込められた語。
連続性の虚偽: 前述
【2008.02.01 Friday 23:28】 author : サンスベリア
| 覚書・論理学 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2012.12.16 Sunday 23:28】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関 するコメント
コメントする









この記事のト ラックバックURL
http://tiger-tailed.jugem.jp/trackback/68
トラックバッ ク
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Page Top ▲