日々感じたことや考えたことを公開していきますが基本的には覚書。
Profile
image
<< 白票は無意味・無駄足 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.16 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
「自身の見解の定め方」と「考えるか否か」

私が興味を持っているのは標記の2点。


 一つには、人は自身の見解をどのように定めるのか。自身の立ち位置を早く確立して、
 「自分(の認識)は正しい」という安心感を得る為に、どういう過程を経るのか。

 もう一つは、上記も含めて人は考えようとするのか、落ち着こうとするのか。
 全員が考えようとする、その状態にはどうやってたどり着けば良いか。


後日、編集予定。関連記事もご参照のこと。


--- memo ---
「政治が腐敗している」「自民党政権が原因だ」
⇒「自民党は駄目だ」「民主党が良いんだ」
⇒「民主党は駄目だ」「自民党も駄目だ」「それ以外が良さそうだ」
⇒「それ以外も駄目そうだ」
⇒「自民党が勝ちそうだ」「それは気持ち悪い」

 状況を納得したい、自身が正しいとして安心感を得たい、その為には論理を犠牲にして
 見解・自論の変更を辞さない。この傾向はどうなのか。

 結果が出る前と後で意見が変わる人がいれば、着目してみたい。

 ⇒どうやら「自民が勝ったのではなく、民主が負けたのだ」という扱いの模様。
  また「敵失」という言葉が流行するのだろうか。

【2012.12.16 Sunday 21:47】 author : サンスベリア
| 覚書 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2012.12.16 Sunday 21:47】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関 するコメント
コメントする









この記事のト ラックバックURL
http://tiger-tailed.jugem.jp/trackback/368
トラックバッ ク
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Page Top ▲