日々感じたことや考えたことを公開していきますが基本的には覚書。
Profile
image
<< 【重要】「安全な引用」という表現の提案 | main | VB系言語における配列の添え字 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.16 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
そのdefaultを見直せ

当然だが、人為的なものには全て理由が必要だ。(理性とはReasonである。)
default(初期設定)には、それが初期設定で良い理由がある。
第一種の誤りを思い出して欲しい。
間違って初期状態のままでも問題ない、それがdefaultの必要条件。


★メーラーの初期設定が「受信後にサーバーからメールを削除する」なのは間違っている。


確かに、ずっと残しておくとサーバーに負担がかかる。
だが、状況が昔とは違う。回線やサーバーがどれだけ進歩したか、認識する必要がある。

そもそも削除が受信直後でなければならない理由は皆無だし、
利用者の事を考えれば、削除可否を注意・判断させる作りにすべきだ。
(多くの場合、削除可否は設定項目の一つとして埋もれており、ダイアログか何かで確認してくるメーラーは見たことがない。)

現在のデファクトスタンダード(事実上の標準)である、「初期設定が『受信後にサーバーからメールを削除する』である状態」は、サーバー側(つまりサービスを提供する技術者)の視点から押し付けられた感じがしてならない。
利用者にサーバーの都合を強いる設計。私なら恥ずかしい。


それには価値があり、破壊後には復元が不可能である。
冒頭に挙げたdefaultの条件を考えるに、「削除しない」が初期設定であるのは至極当然。
直感で言えば、こうなる。
「私のメールを削除するのに、誰の許可を取ったんですか?」


各位、メーラーを導入する際にはご注意ください。
具体的には、「サーバーにメッセージのコピーを置く」「受信後、サーバーからメールを削除」「受信したメールをサーバーに残す」等の設定を入れてから受信したほうが安全です。

【2010.10.03 Sunday 22:28】 author : サンスベリア
| 覚書・IT | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2012.12.16 Sunday 22:28】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関 するコメント
コメントする









この記事のト ラックバックURL
http://tiger-tailed.jugem.jp/trackback/344
トラックバッ ク
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Page Top ▲