日々感じたことや考えたことを公開していきますが基本的には覚書。
Profile
image
<< 「『的を得る』正当説の否定」のコメントへの返信 | main | XSS@100921@Twitter.com >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.16 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
質問サイトはWikipediaより害悪である

Wikipediaが論拠として認められない理由は、「誰でも編集できる」がゆえの信憑性の危うさ、
つまり「参入障壁が低ければ平均品質も下がる」という「抵抗と品質の正比例法則」にあるのだが、
質問サイトはなお性質が悪い。

何故なら、
 「回答者は言いたい放題で、」「評価は質問者の独断で行われるが、」
 「それが生の意見として尊重される」からだ。

回答は自由に行え、他人による編集を受けない。つまい言いたい放題。
その評価は、中立で博識で判断能力の高い第三者ではなく、「知らなかった」質問者自身が行う。質問者を咎める厳しい回答がベストアンサーに選ばれる事はない。極端な話、馴れ合いになる。
→つまり、構造上、そこには改善や向上の意思(もしくはインセンティブ)がないのだ。
 とても「知の共有」とするには至らない。

しかし、それが尊重される。
「誰かが知りたい事」は「他の誰かが知りたい事かもしれない」からだ。
このまま質問サイトや利用者数が増え続け、それらが尊重されるなら、検索結果はノイズで溢れ返ることになる。
情報収集のための時間が、「以前にも同様の質問がありますよ」や「その質問では分かりません」や「『ご教授』ではなく『ご教示』です」などのやりとりに目を通すことで潰れる状態が、人類文明の英知の結集ということになる。
もしくは、自由と権利をいたずらに追求した結果であろう。


Wikipediaは、他者による進路妨害もあるが、自他による進路修正が可能だ。
何よりルールがあり、議論ができ、削除も可能である。
 →そこには改善・向上の意思がある。ならば、Wikipediaの方が断然マシだ。

【2010.09.18 Saturday 18:53】 author : サンスベリア
| 覚書 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2012.12.16 Sunday 18:53】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関 するコメント
コメントする









この記事のト ラックバックURL
http://tiger-tailed.jugem.jp/trackback/340
トラックバッ ク
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Page Top ▲