日々感じたことや考えたことを公開していきますが基本的には覚書。
Profile
image
<< 「歸國」(旧字体で「帰国」)というドラマをご覧になった方へ。 | main | お笑いブーム まだゆかないで >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.16 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
確かに猛暑だが、たまに焦点がずれていますよ。

残暑は厳しいもの。残暑にはお見舞いするもの。
いずれも定型句として、昔から馴染みがあることと思う。
文字通り「(時節の割に)まだ暑さが残っている」の意味なので、残暑自体は騒ぎ立てることじゃない。
ましてや、地球温暖化と直結させるのは早計。


二十四節気の「立秋」を過ぎた暑さを残暑と呼ぶが、二十四節気は1年を24等分したもの。
その中で、夏至冬至の「二至」と春分秋分の「二分」を「季節の盛り」とするのは、ご尤も。
太陽の位置からも、体感的にも納得できるからだ。

しかし、立春立夏立秋立冬の「四立」は、単純に均等に分割されただけの境目。
四立の日に言われる「暦の上では」という決まり文句が象徴的。

そもそも、季節に明確な境目があるなんて発想は、日本人離れしている。(二十四節気は中国製)
我々には元来、今で言う「グラデーション」が、もっと身近だった。「機微」とでも言うのかな。


猛暑への注意と、「猛暑 − 残暑」の分(増加分)だけ余計に騒ぐのが、正しい報道だろう。
今年はラニーニャ現象で、昨年はエルニーニョ現象で、それらが交互に続くそうだ。
詳しくはよく解らない。知らないなら、何も言わない方が賢い。


なお、暑さが終息する頃は、二十四節気で「処暑」と言い、8月23日だそうだ。
これも等分には違いないが、体感を伴った説明からするに、立秋よりは目安になろう。
よし、先週の暑さを「長引いている」と呼ぶことは許可しようじゃないか。

皆様、くれぐれも体調管理と情報収集にはお気をつけください。

【2010.08.29 Sunday 21:46】 author : サンスベリア
| 覚書 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2012.12.16 Sunday 21:46】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関 するコメント
コメントする









この記事のト ラックバックURL
http://tiger-tailed.jugem.jp/trackback/336
トラックバッ ク
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Page Top ▲