日々感じたことや考えたことを公開していきますが基本的には覚書。
Profile
image
<< 学問のすすめ "Study" | main | Y染色体 "Bloodline" >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.16 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
反論 "Persuasion"
反論は、理路整然としていることは当然として、
何よりも簡潔さが求められる。
自分が好まない・長い説明を聞くほど理性を持った人間は多くない。

往々にして子供のころは能力不足で、
また成長してからも論点やタイミングを逸され、
自分は正しいのに間違っていることに有効に反論できない、ということがある。

有効な反論を即時に述べられるよう、常に備える必要がある。



「多数の人間がやっているから、一人くらい(自分)はしなくても良いだろう」
「誰か一人がやるだろうから、他の人(自分)はしなくて良い」
に対してどう反論するか。以前のメモより。
「しなくていい人が君である理由は無い。
 役割分担が未定であれば全員が平等で、君は特別ではない。」
こう付け加えてもいいかもしれない。
「その考え方は安直でありがち。そんな人たちが結果的に駄目な状況を作る。
 (誰もがしない状況になる。)今すぐしなさい。」


「皆がしてないのに自分だけしても無駄だ」
に対してはこんな感じか。
「その安直な考え方で馬鹿の一員として一緒に駄目な状況を作っても自尊心は平気ですか?」


知人にシビアなことを言いづらいのは、理屈じゃない面倒な部分ですが。
【2007.12.23 Sunday 22:27】 author : サンスベリア
| 覚書 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2012.12.16 Sunday 22:27】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関 するコメント
コメントする









この記事のト ラックバックURL
http://tiger-tailed.jugem.jp/trackback/31
トラックバッ ク
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Page Top ▲