日々感じたことや考えたことを公開していきますが基本的には覚書。
Profile
image
<< 沖縄・裁判の件 "Watch out" | main | 真相報道バンキシャを見て。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.16 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
さよならmixi
mixiはサイクルでいえば衰退期に入っていると思う。
利用者数が最大の売りであり頼みの綱であり本質であるが、
増えすぎたため、もうクローズな世界ではなくなった感がある。

そもそも私は個人的に、ネット上でクローズだとか匿名だとか言ったものは信じていないので、今回の規約騒動にしても、運営の無知・無能さが露見した以外の「裏切られた感」のようなものは感じなかったのだが。

それはともかく、加えて、
利用者数が増えすぎるということは、参入障壁が低くなるということ。
誰でも参入できるということは質の低下を招く。
参入だけでなく、その場でのあらゆる敷居が低くなる。(他に妥当な表現が見つからなかったために使用しているが、本来敷居が低いという表現は適切ではない)

「バトン」は、リンクやリングやランクや同盟といった、いわゆる「ホームページ時代」にも存在したが、現在mixiには、サイトやブログに疎い人間までもが参加しており、中には意味が通じないユーザーがいる。あるいは、調べもせずに似たコミュを作るだとか、「はじめましてトピック」を乱立させるだとか。
知らないことが問題なのではない。
「知っておくべきこと」への努力がなくなるのが問題。
昔は、閉鎖的な特別な空間に参加するといえば、当然「郷に従え」、ある程度は自分で調べ、初心者だからといった甘えなど持たず却って襟を正し、それなりの振る舞いができるように努力するもの。
mixiだってそう。2ちゃんねるだってそう。
初心者の質が低下したというユーザー側の原因もあるかもしれないが、抵抗となる障壁が減少することはそれを助長する「誘因」になるという話。

もともとクローズなんて幻を売りにするのがまず問題。
しかし皆が幻に群がり、人が人を呼び、いったん成功する。SNSの代表として牽引。
次に、人が溢れ、質が水増しされる。
成功を収め利用者が増えたことを餌に、様々な企業がやってくる。
幻が消えかかっていることに気づかない利用者が多い中、運営が誤った判断を下す。
そしてここへ代替案が台頭してきたら、世代が変わることになる。
もうmixiじゃなくていい。そう言える時が来る。

一応覚書。しかし極めて雑記に近い。

出会い系のメールで、mixiが終わるというデマが書かれたものがある。
(だからこのSNSに参加しましょう、という文意)
代替案として提示する以上、mixiより上質のサービスなんでしょうね?
【2008.03.29 Saturday 16:52】 author : サンスベリア
| 覚書・IT | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2012.12.16 Sunday 16:52】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関 するコメント
コメントする









この記事のト ラックバックURL
http://tiger-tailed.jugem.jp/trackback/115
トラックバッ ク
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Page Top ▲